熊本大学研究シーズ集
トップページ
右のボタンをクリックすると別ウィンドウが開きます。[ファイル] -> [印刷(プリント)] で印刷して下さい。
※背景色を印刷する設定をお勧めします。
印刷画面を開く

在籍出向当事者関係の法的分析:
日独の比較法的手法を用いて

法学部 法学科 現代法政策論講座
教授 中内 哲
  • HP
  • HP
  • HP
  • E-mail
研究内容のイメージ

 親会社Aに勤務するX氏が、定例の人事異動で、A社に籍を残しながら子会社Bで働くようになったら(これが「在籍出向」の辞令)、A社・B社・X氏、この3当事者(場合によっては、A・B両社の労働組合も絡んで5当事者)間の法律関係はどのようになるか、あるいは、いかにあるべきかを考えるのが私の研究の核心です。
 この課題と向き合うために、ドイツにおける真正貸借労働関係(echtes Leiharbeitsverhaeltnis)という在籍出向に類似する3当事者関係を対象とした研究にも注目しています。
 また、上記研究の遂行に際し、労働法学にとっては古くて新しいテーマである「労働者」性「使用者」性(X氏はA・B社いずれにとって「労働者」か?逆に、X氏にとってA・B社いずれが「使用者」か?という問題)や、在籍出向とは似て非なる「労働者派遣」関係の研究にも目配りが欠かせません。

[キーワード] 企業間人事異動、多数当事者関係、人事管理、使用者性、労働者性、労働者派遣
論文執筆や共同研究、講演等のご依頼は、まずはメールで気軽にお問い合わせ下さい。私が専攻する労働法学にご関心がある方はもちろん、熊大法学部を受験したい高校生、熊大法学部の授業開放や科目等履修をご希望の方、熊大大学院社会文化科学研究科(社文研)法学専攻への進学を考えている方等々、熊大法学部・社文研との接点を模索している皆様も、気兼ねなくご連絡下さい。

ページの先頭へ