フェムト秒時間分解分光法による新規光機能性の研究

教授・赤井 一郎
  • パルスパワー科学研究所 極限物性科学部門
  • 印刷用PDF
  • このシーズへのお問い合わせ

研究内容

アピールポイント

九州地域では唯一の極低温環境下でフェムト秒時間分解分光が可能な研究施設を有しており、低分子有機物質、マクロ分子、光機能性半導体の光物性の研究経験を持ち、様々な物質系での物性解明が可能です。半導体から有機材料まで、光機能性材料の分光的研究の高い経験を持ちます。その経験を、地域での光機能性材料開発のお役にたてればと考えています。

提供できる技術

フェムト秒レーザーを用いたコヒーレンフォノン分光法


pagetop