酸化物発光材料および発光素子

教授・中村 有水
  • 大学院先端科学研究部(工学系) 情報電気電子工学科
  • 印刷用PDF
  • このシーズへのお問い合わせ

研究内容

アピールポイント

多くの物質は大気中で酸化されるため、酸化物半導体は従来の半導体と比較して、大気中での安定性が高く、また安価に成膜できる可能性を有しています。我々は、豊富に存在する酸化物材料を基に、大気圧で成膜が可能なミスト化学気相成長法(ミストCVD法)を用いて、極めて安価な発光素子を作製することを目的に研究しています。


pagetop