分子性化合物を用いた機能性物質の開発と特性評価

准教授・松田 真生
  • 大学院先端科学研究部(理学系) 化学分野
  • 印刷用PDF
  • このシーズへのお問い合わせ

研究内容

アピールポイント

「21世紀は有機エレクトロニクスの時代」と言われる程、分子性電子材料のもつ可能性は無限に広がっており、我々は、電気・磁気・光学材料としての分子材料に、「キャリア輸送」特性という観点から興味を持った研究を行っています。化学・物理学・生物学、他機関、企業の研究者の方との広い共同研究を歓迎致します。


pagetop