新着シーズ
・・・新しいウィンドウで開く

環境モニタリングデバイス 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(理学系) 化学分野
教授 戸田 敬
当研究室では,開発したデバイスをもとに環境中の物質のふるまいを探り明らかにしていくのが最終ゴールで…
更新日:2018/09/06

あらゆる素材に生命体表面構造を創製する… 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(工学系) 機械システム工学科
教授 中西 義孝
さまざまな企業様より  ①金型の防汚・離型性・メンテナンス性を上げたい  ②製品表面の審美性・美観…
更新日:2018/04/23

在籍出向当事者関係の法的分析:日独の比… 新しいウィンドウで開く

大学院人文社会科学研究部(法学系) 公共政策学
教授 中内 哲
〇論文執筆や共同研究、講演等のご依頼は、まずはメールで気軽にお問い合わせ下さい。私が専攻する労働法…
更新日:2018/01/23

水圏環境における生物生産に関わる必須元… 新しいウィンドウで開く

くまもと水循環・減災研究教育センター 地下水循環部門
助教 伊藤 紘晃
更新日:2017/12/27

次世代の医療を支えるMRI技術 新しいウィンドウで開く

大学院生命科学研究部(保健学系) 医用理工学
准教授 米田 哲也
本研究室で開発を続けている技術は、理論物理学や工学と医学を結合させて作りあげられるものです。物理学…
更新日:2017/12/08

機能性高分子および集合分子による光デバ… 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(工学系) 物質生命化学科
教授 栗原 清二
より良い生活のための新規材料、社会へ貢献できる化学技術の発展をモットーに、新規機能を有する機能性材…
更新日:2017/12/07

フェムト秒時間分解分光法による新規光機… 新しいウィンドウで開く

パルスパワー科学研究所 極限物性科学部門
教授 赤井 一郎
九州地域では唯一の極低温環境下でフェムト秒時間分解分光が可能な研究施設を有しており、低分子有機物質…
更新日:2017/12/07

世界最先端水・地圏環境観測システムによ… 新しいウィンドウで開く

くまもと水循環・減災研究教育センター 沿岸環境部門
准教授 秋元 和實
本システムは,一般の水域での調査に限らず,危険な水域 (津波被災地や潜水艦処分地 (日本テレビ バンキ…
更新日:2017/12/07

ナノダイヤモンド複合化による高屈折率高… 新しいウィンドウで開く

熊本創生推進機構 イノベーション推進センター
准教授 緒方 智成
更新日:2017/12/07

環境負荷低減農業技術開発研究 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(工学系) 情報電気電子工学科
准教授 緒方 公一
更新日:2017/10/11
トピックシーズ
・・・新しいウィンドウで開く

視機能病態学 新しいウィンドウで開く

大学院生命科学研究部(臨床系) 眼科学
教授 谷原 秀信
更新日:2015/04/01

脳神経外科学 新しいウィンドウで開く

教授 倉津 純一
更新日:2015/04/01

高等植物における二次代謝産物生成の制御… 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(理学系) 生物化学分野
助教 寺本 進
近年、その生理活性が注目されているポリフェノール化合物のうち、ベタシアニン色素については抗酸化活性…
更新日:2015/04/01

トンネルや橋梁などの構造物の遠隔非破壊… 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(工学系) 機械システム工学科
教授 森 和也
更新日:2017/02/27

構造物壁面登はん装置 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(工学系) 機械システム工学科
教授 森 和也
更新日:2015/04/01

パワーエレクトロニクスを応用したエネル… 新しいウィンドウで開く

教育学部 技術教育
教授 東 徹
地球温暖化防止対策として現実的で有効なパワーエレクトロニクスを使った教材開発を行っています。最近の…
更新日:2015/04/01

機能性薄膜・ナノ構造体の成長プロセスに… 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(工学系) 情報電気電子工学科
准教授 光木 文秋
更新日:2015/04/01

分子性化合物を用いた機能性物質の開発と… 新しいウィンドウで開く

大学院先端科学研究部(理学系) 化学分野
准教授 松田 真生
「21世紀は有機エレクトロニクスの時代」と言われる程、分子性電子材料のもつ可能性は無限に広がっており…
更新日:2015/04/01

循環器病態学 新しいウィンドウで開く

教授 小川 久雄
更新日:2015/04/01

21世紀を担う超分子をつくる 新しいウィンドウで開く

教授 松本 尚英
21世紀を担う超分子は全ての要素をもつ金属錯体から生まれます。金属錯体は幾何構造性、電子構造の多様…
更新日:2015/04/01
pagetop