メニュー
メニュー

教職員・学生の方へ募集案内

熊本大学のベンチャー起業に興味のある学生を募集します

夢プロ-チラシJPG 夢プロ-ポスターJPG
チラシ (PDF 5,996KB)  ポスター(PDF 3,345KB)

1.募集期間

(A) アンビシャスコース 及び (B) プレジデントコース
平成30年4月9日(月)から平成30年5月11日(金)まで

(C) n.Ext(ネクスト)コース
平成30年12月21日(金)までの随時

2.応募資格者

熊本大学に在籍するすべての学生。
なお、教職員は活動メンバーではなく、オブザーバーとしての参加となり、提供資金を使用することはできません。

3.募集コースの種類

(A) アンビシャスコース (個人申請)
ベンチャー起業に興味のある学生20名を募集します。学生ベンチャーに興味はあるが何をしてよいかわからない。起業する夢はあるがプランは明確でない。等、これからベンチャー起業に向けて勉強したい学生向けのコースです。主にセミナー参加や個別指導、イベント参加を行い、ベンチャーに関する勉強と、自身の夢を明確に形作るビジネスプラン作成を学びます。 セミナー参加費、旅費などを都度ごとに支給します。
 ※アンビシャスコースのみWeb申請が可能になりました → https://goo.gl/forms/RAta4l1cyskJFV5i1

(B) プレジデントコース (プロジェクトチーム申請)
起業を目指す10件のビジネスプランを募集します。事業内容が明確で、将来的に収益が得られるビジネスとして成立するプラン、既に進行中のビジネスプランが募集対象です。数年以内にベンチャー起業が可能な具体的な提案を募集します。 プランを構成する技術検討のための資金、試行・実証するための資金をプロジェクトのステージに応じて、10万円~100万円を提供。
※学術研究のための研究機器・器具の購入、学会参加・研究発表は支援対象としません。
※審査でプロジェクトの内容やプランを判断し、提供資金額が増減します。
※プロジェクトの進行上必要と判断された場合には、初期に配当される資金とは別に資金提供する場合もあります。
※採択課題には、それぞれのプランに応じた課題等を課すことがあります。

(C) n.Ext(ネクスト)コース (プロジェクトチーム申請)
学内のコンテスト等で優秀な評価を受けたプロジェクトやプレジデントコースから事業化ステージとなったプロジェクトを対象としたコース。 ビジネスプランを構成する技術検討のための資金、試作・試行・実証するための資金をプロジェクトのステージに応じ、10万円~100万円を年間2-3件程度提供 。また、起業を目指す場合には熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムによる支援やベンチャーキャピタルの紹介、外部ビジネスプランコンテストへの出展支援、知財に関するアドバイス・支援を行います。

※審査でプロジェクトの内容やプランを判断し、提供資金額が増減します。
※プロジェクトの進行上必要と判断された場合には、初期に配当される資金とは別に資金提供する場合もあります。
※採択課題には、それぞれのプランに応じた課題等を課すことがあります。

4.応募方法

(A) アンビシャスコース
別記様式1「アンビシャスコース申請書」 をKIDO夢プロ担当へ上記募集期間内に提出してください。
※プレジデントコースの代表者としての同時申請はできません。
※アンビシャスコースのみWeb申請が可能になりました → https://goo.gl/forms/RAta4l1cyskJFV5i1

(B) プレジデントコース
別記様式2「私の起業プロフィール」 別紙様式3「プレジデントコース申請書」 をKIDO夢プロ担当へ上記募集期間内に提出してください。

※同一人が申請できるのは「代表者1申請、プロジェクトメンバー1申請」までです。
これを超えての申請はできません。また、複数プロジェクトへの所属は認めませんので、複数プロジェクトに採択時はどちらか一つのプロジェクトを選択していただきます。

(C) n.Ext (ネクスト) コース
学内イベント(ICDC、もの・クリCHALLENGE、夢科学探検)等のプレゼン・表彰後、対象者に対して個別に案内します。プレジデントコースから事業化を行う場合は随時審査を行います。

5.審査および採否

  • アンビシャスコースは書類選考のみ。
  • プレジデントコースは書類による一次審査の後、プレゼンテーションによる二次審査を行います。採択結果は5月下旬頃に申請者へ連絡します。
  • n.Extコースは、イベントでのプレゼン、報告会での報告を一次審査とし、その後、書類による審査と個別面談による二次審査を行います。

※採択課題については知的財産の守秘義務を考慮した上で、その研究内容を熊本大学の広報誌やWEBサイトなどに掲載する場合があります。

6.活動内容

  1. KIDOが指定するMOT講義を受講し、ベンチャー起業に必要となる、経営に関する基本的な知識等を習得
  2. 各種イベント・講演会などへの参加
    これらに参加する事により、起業に向けた知識の習得だけではなく、知的財産や産学連携に関する知識も備えた総合的な人材となる学習ができます。

【昨年度開催されたセミナー・講演会】

  • 「今、何が起きているのか?~インダストリー4.0抬頭のなかで~」
  • 「クレームの解釈と特許侵害訴訟 」
  • 「技術シーズの事業化と知的財産」
  • 「エネルギーミックス~逆風の中での石炭火力~」
  • 「九州・アメリカ起業家セミナー2017 in熊本」
  • 「ビジネスプラン作成講座」
  • 「知財広め隊セミナー in 熊本」

【昨年度開催された展示会・イベント】

  • 熊本大学発!シーズ発表会 in MOBIO
  • 「熊本大学 新技術説明会」
  • くまもと産業復興プロジェクトフォーラム

3. 各種団体が主催するコンテストへの応募
・ビジネスプラン・アイデアコンテスト
http://kmt-cci.or.jp/bpi2017/
・テックプラングランプリ
https://techplanter.com/2017/06/23/20170722kumamototpg/
・大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテスト
http://qshu-nbc.or.jp/daigaku-vbpc/

4.他大学の学生と一緒にベンチャーについての学習
「国際夏の学校 ~International Summer School~」と題し、合宿イベントを行います。そこでは他大学の学生とチームを組み、独自のビジネスプランを創出します。海外の学生とディスカッションを行う事でグローバル感覚を養い、様々な意見を聞く力、伝える力、まとめる力を身につけます。

5.起業に向けたプランニング
熊本大学、熊本県、熊本県工業連合会、株式会社リバネスで構成する熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムでは、実際に起業する際の支援を行っており、夢プロジェクトの活動の次のステージ支援も準備されています。

その他

  1. プロジェクト研究者には、KIDOへ定期的に研究経過及び研究成果、経理等を報告していただきます。詳細は採択後の説明会にてお知らせいたします。
  2. プロジェクトに支給される資金は、プロジェクト遂行に必要な物品や活動旅費として使用できますが、事前審査を行います。
  3. プロジェクト資金の執行計画作成と購入手続きは、プロジェクト代表者が行います。不適切な使用は資金の減額又はプロジェクトの中止を行うことがあります。
  4. 研究室に未所属かつ指導教員がいない学部生は、KIDOの教員がオブザーバーとなります。
  5. プロジェクトに研究テーマが関連する場合、指導教員との調整を行います。

応募・問い合わせ先

熊本創生推進機構イノベーション推進部門
学生ベンチャー・夢プロジェクト担当(内線:2035)

メールによる提出先:yumepro※jimu.kumamoto-u.ac.jp
(迷惑メール対策のためメールアドレスの@を※に置き換えています)